うしろの席のぎゃるに好かれてしまった。 もう俺はダメかもしれない。

ラノベ

 こんにちは♪

 本日の一冊はこちら(*’▽’)

あらすじ

クラスの人気者ぎゃる・志乃を、たまたま助けた。ぼっち生活を送る三代と彼女は、それだけの関係だったはずだった。しかし、住む世界の違う彼女に好かれ、注目されると……彼女の周りも三代の魅力に気付き始め!?


おすすめ度:★★★★

一言:全編通して駄々甘作品。志乃の独占欲が読んでいてとてもかわいらしかったです。


感想


 スクールカースト底辺の陰キャボッチとスクールカーストトップのギャルという属性は置いておいて、底辺とトップというある意味王道の組み合わせですが、それゆえに結構安心して読めるというのはありました。

 ある意味異色の2人が付き合い始め、少しずつ変わっている様子は読んでいて心地よかったです。

 きっかけはとても些細な事で、そこから恋愛に発展するのは”らしい”のですが、その過程もよく、個人的には彼らの担任がとてもいい仕事をしてくれ、さらにとても生徒思いのいい先生だと思いますが、結構スパスパ発言するので人によるか?

 なんにしろ、2人の現状を変えるために三代に訴えかけ、志乃を意識するように仕向けたのはすごいの一言。

 志乃のほうも志乃のほうで、好きになってからの行動が、アプローチというよりも直情的に告白まで一気に行くというすごいパワフルな…

 読んでいて駆け引きも何もなく、とりあえず付き合ってからお互いの仲を深めるというある意味高校生では多いパターンなの?(知らないですけど)

 ここらへん2パターンに分かれますが、付き合うまでじれじれしたり、アプローチや駆け引きをして仲を十分深めるタイプと、付き合うところまで一気に行って付き合ってから仲を深めていくタイプですが、どちらが好みかによって恐らく楽しみも違ってくるのかな?

 最近は両取りしようと1巻のラストで付き合い始めるというパターンも増えてきていますが、ある意味これが一番中途半端かもと最近思うように…

 本作は付き合ってからのほうが長いので、徐々に枷が外れ、所かまわずイチャイチャしていく様子を楽しめます。

 主人公の三代に関しては特に特筆すべき点はなく、まぁよくある主人公タイプ。

 他作品の主人公に比べて卑屈故相手のしてほしいこと、して嫌なことという”空気”を読むことに長けているので、そこで行ってほしいというタイミングは外さないストレスフリーな感じになっており、志乃のことを第一に考え、恐らく女性が好む行動を十二分にしていると思います。

 ただ、高校生なので、空回りすることもありますが、ちゃんと”言葉”でも伝えているので好感度高めです。

 一方ヒロインの志乃ですが、こちらは表情豊かで三代の言動でころころ変わる姿が本当に可愛いです。

 元々男性不信に近い形になっており、それが災いしてなのか初めて好きになった相手である三代に対して並々ならない”独占欲”が徐々に顔をのぞかせていく展開は◎

 やはり何かしら”闇”がある方がインパクト強いですからね。

 それでも普段はそういったものはなりを潜め、三代に対して”誰か(男性含む)”が行動を起こそうとすると魅せるその一面はどことなく縄張り意識の強い動物を彷彿とさせます。

 2人に関してはあとはどれだけイチャイチャできるかというある意味挑戦のような形になっていますが、高校生らしい付き合いは読んでいてほっこりできました。

 挿絵も素晴らしいものが多いのですが、個人的に一番ツボったものを

 いったいなぜこのようなことが起こってしまったのか…(笑)

 気になる方は是非読んでみてください。

 全編読んで十分満足いく作品で、二人の仲がこの先どうなるのかとても楽しみですし、伏線もいろいろあるので、次巻がとても楽しみな作品です。

タイトルとURLをコピーしました