放課後の聖女さんが尊いだけじゃないことを俺は知っている3

ラノベ

こんにちは♪

本日の一冊はこちら(*’▽’)

あらすじ

「夏休み、何かやりたいこととかある?」 大和と聖良が二人で過ごす、初めての夏休みが近づいていた。事前に遠出する計画を立てたことで、すっかり浮かれる大和。 ところが、終業式の日に聖良の後輩を名乗る美少女・香坂椿が現れて、初日から予定は狂いっぱなし。海やバイトに水族館デートなど、聖良と過ごす時間に、時折椿も加わってきて……。 過去の聖良をよく知り、同時に憧れているという椿の介入により、大和は改めて自分たちの関係について考えるようになる。 そして聖良もまた、思うところがあるようで……? 甘くて尊い、青春と恋の物語、波乱の第三弾。


おススメ度:★★★★★


 1巻・2巻と確実にその距離を縮め、聖良の素顔もわかるようになってきたところに”夏休み”が開始というところで、聖良の”過去”を知る椿の登場により、予期せぬタイミングで聖良の過去の顔を知ることに。

 聖良の過去を知り、そして、夏休みの大半を共に過ごした大和ですが、ラストではまた”知らない”聖良を目にし、今までは聖良にタイミングをすべて任せていましたが、大和は一歩を踏み出せるのか次巻が楽しみな終わり方でした。

まだまだ謎に包まれる聖良の過去

 聖良の過去と実家のことをよく知る少女『椿』の登場により、聖良の過去の一部が明らかに。

 あらゆる分野で天才の名をほしいままにし、ある日姿を消すという部分に関しては彼女のミステリアス性をさらに加速させる要素になり、さらに彼女に対して興味がわくことに。

 そして、今まで登場していなかった椿が今回登場した理由に聖良の『実家』が関わっているということでしたが、祖父の件からも『名家』と呼ばれる類の家だとは思っていましたが、その規模は思っていたよりもヤバいか?

 今回椿が出てきたのもスポットライトの浴びる世界にもう一度聖良を連れ戻し、その舞台で彼女に挑戦するというある意味彼女の実家と目的を共有できる部分があったからですが、そのことについては彼女自身あまり重要ではなかった様子。

 もっとも驚いたのは、普段から自分の意志はしっかりと伝える聖良が父親との対話からは逃げているように感じました。

 彼女自身は逃げているという認識は薄いのかもしれませんし、喧嘩別れをして、その後もちゃんと話していないということは何かしら思うところがあるということ。

 そして今巻のラストではその父親と対話するために一度帰省していますが、そこで何かしらあったことは最後の聖良の態度でわかります。

 いったい父親との対話でどのようなことがあったのか、疑問は尽きませんが、恐らく今の聖良を形成した一部には父親の影響が必ずあるはずなので、その彼の登場も待ち遠しいですね。

思った以上にエンジョイしている夏休み

 表紙の浴衣姿からわかりますし、夏休みということで、普段深夜徘徊しつつも遊んでいる聖良がこの機会を逃すはずがありません!!!

 大和と椿を振り回して遊ぶ遊ぶ。

 海に水族館にお祭り、挙句の果てには一緒にアルバイトと本編では語られていないないところでもほぼ毎日のように2人で遊んでいたのでは?と考えてもおかしくないほど自然と一緒にいる2人。

 事前に決めていた行先や予定も思い付きによって変える聖良に振り回されるもそれを良しとしつつ、一緒に楽しむ大和は少ない時間ではあるが最初のころに比べて柔軟性が増している気が。。。

 しかも今回は椿という第三者を交えることで、普段読者である我々の気持ちの一部を椿が代弁してくれる部分もあり、彼女もまた聖良に振り回される一人なんだと思うと何とも。

 巻を重ねるごとにその空気感がまさに恋人のそれになってきている2人ですが、聖良の中ではまだその気持ちに確信が持てていないみたいだが、大和のそばにいることで安心を得ることはできるということで、何かきっかけがあればその気持ちに確信が持てるようになるのではという段階。

最後に

 夏休みも2人で過ごし、これから2学期が始まるというところで、急変した聖良の態度。

 いったい夏休み終盤の帰省のタイミングで何があったのか、そして、それに対して大和は何かしらのアクションを起こすのか?

 じれじれと程よい距離感を保ちつつも、さらに謎が深まった聖良。

 彼女のすべてを受け止めて、関係を進めるのはいつになるのかドキドキしながら待っています。

 そして、気になる点としては椿もまた、大和に対してほのかな思いを抱き、聖良に宣戦布告まがいの発言をしていましたが、別の学校ので後輩の彼女が次巻以降どのようにかかわっていき、大和に対してアプローチをしていくのかという点も気になりますね。

タイトルとURLをコピーしました